船橋経済新聞に掲載されました2019年05月02日 17時25分07秒

アンデルセン公園ハンギングバスケットコンテストの表彰式に出席してきました。

生徒さん達と一緒に表彰されることは、指導者としてこの上ない幸せを感じます。

今回のコンテストは、屋外で長期間の展示です。

植物の性質ををどれだけ知っているか、植え込み技術は確かなものかが重要です。

デザイン重視のコンテストよりも、この点では難易度の高いコンテストと言えますね。

船橋経済新聞に日本ハンギングバスケット協会山口理事のコメントが掲載されています。

「今年は『背景をつけない』という規定が初めて設けられ、植え込み技術など作品に注がれた技術をしっかり審査できた。中には植え込み過ぎと思うものもあったので、もっとゆったりとしたものを感じられる作品が好ましい。」 「ハンギングバスケットを通して、街をより美しく盛り上げてほしい」とお話しされています。

https://funabashi.keizai.biz/headline/2247/

ロックローズ2019年05月14日 15時43分22秒

大好きなロックローズ(ヘリアンセマム Helianthemum)が咲き始めました。

バラ科ではなく、ハンニチバナ科です。

酸性土でなければ、痩せ地でも荒れ地でも咲く、常緑耐寒多年草です。

ハンギング上級5月①2019年05月23日 08時43分00秒

上級コース生徒さんの作品です。

中央に配置したカリブラコア「エミリ」は、太陽の光をそのまま映し出したような花色に優しいぬくもりを感じます。

とってもハッピーになれるハンギングバスケットですね。

ハンギング上級5月②2019年05月24日 08時59分53秒

上級コース生徒さんの作品です。

今月は小さいラウンドを作る方が多かったですね。

カリブラコア2種とベアグラス、ベロニカだけでシンプルに仕上げています。

ハンギング上級5月③2019年05月25日 09時22分07秒

上級コース生徒さんの作品です。

こちらもラウンド型ハンギングバスケットで、ペチュニア、カリブラコア2種、ベロニカ、ベアグラスでシンプルに仕上げています。